足のむくみの原因と効果的な解消方法

もう足のむくみで悩まない!つらい足のむくみを解消する方法、教えます

足のむくみの原因と効果的な解消方法のイメージ

足はどうしてパンパンにむくんでしまうのでしょう?

むくみは体に塩分と水が余分に溜まってしまう状態を言います。

状態は分かったとして、なぜあなたの足に塩分と水が溜まってむくむのか分かりますか? 実は、足のむくみには、いくつか原因があります。

むくみの根本的な解決には、何が原因で溜まるのかまで考えて対策する必要があるんです。

ここでは、まず足がむくんでしまう原因をチェックして、それぞれに合った解消法をお伝えしていきます。

むくみの3タイプとは?あなたの足のむくみのタイプをチェック

まずは自分のむくみのタイプをチェックしましょう。

むくみタイプ診断

  • Q1. 最近運動不足な気がする
  • Q2. 長時間座ったままか、立ちっぱなしの姿勢でいる
  • Q3. 足が冷えている
  • Q4. 足が重い、だるい
  • Q5. 夕方になると足がむくむ
  • Q6. 外食することが多い
  • Q7. 味付けは濃い方が好き
  • Q8. 野菜の少ない食事をしている
  • Q9. 全身がむくみやすい

あなたは...
塩分と血行の両方タイプの可能性があります。

あなたは......
塩分が原因のむくみタイプ
の可能性があります。

あなたは......
血行が原因のむくみタイプ
の可能性があります。

あなたは......
病気が原因のむくみタイプ
の可能性があります。

むくみの3タイプ

自分のむくみのタイプは分かりましたか?それでは、次からそれぞれに合った解消法をお伝えしていきます。

血行不良むくみの原因と解消方法

血行不良むくみの原因と解消方法のイメージ

血行というのは、血液とリンパ液両方の流れを指します。

リンパとは

リンパは体をウィルスなどの外敵から守ってくれる免疫系の器官であり、体のいらない水分を引き受けて流し、排出する下水道のような機能もあります。

血液のめぐりが悪いと血液中の水分が血管から染み出しやすく、リンパの流れも悪いと水分が排出されずどんどん足に溜まってしまいます

特に人間は立って歩く動物なので、血流が良くないと重力に負けて足に水分が溜まりやすくなるんです。夕方に足がパンパンになりやすいのはこのせいなんですね。
では、なぜ血行不良を起こしてしまうのでしょうか。

血行不良むくみの原因

  • 運動不足・同じ姿勢から動かない
  • ふくらはぎの筋力が足りない
  • 冷えやコリがある

血行不要むくみの解消方法

体を動かそう!同じ姿勢はむくみのもと

まず運動不足はむくみ一直線です。同じ姿勢で長時間いるのは避け、ストレッチやエクササイズをしましょう

足の筋力不足がむくみに影響することも

足の筋力が足りないのも血行不良の原因になります。足のふくらはぎの筋肉は血液を押し出し、流すちからを持っており「第二の心臓」と呼ばれています。

ここが鍛えられていないと、下がってきた血液は重力に阻まれ心臓に戻りにくくなり、足にそのまま溜まってしまいます。

冷え・コリとむくみの関係とは?

冷え・コリ・むくみは一緒にやってくることの多い不調です。

まず血行が悪くなると冷えを感じるようになるので、冷え性のひとはむくみを持っている可能性大です。冷え性をケアすることで、一緒にむくみが改善されることがあるんですよ。

冷え性は東洋医学の概念では、体が弱ったエネルギー不足の状態です。温補(おんぽ)という考えのもと体を温め、弱った体の機能を補ってあげることが良いと言われています。

もうひとつ、やっかいなのが全身のコリです。
ずっと同じ姿勢などで筋肉が収縮し続けると、緩むことが難しくなりずっと縮まった「コリ」状態になってしまいます。
コリ固まった部分は血行が悪く、むくみの原因になります。

コリも運動やエクササイズ、マッサージなど解消方法を試してみると血行が良くなります。コリをほぐすことがむくみ解消にもつながるんですね。

塩分むくみの原因と解消方法

塩分むくみの原因と解消方法のイメージ

「むくみって水が溜まるんでしょう?塩分関係あるの?」と思われるかも知れませんが、塩分は水分を呼び込む、むくみの原因なんです。

塩分をたくさん摂取して血液中の塩分濃度が高くなると、人体が持っている体液の塩分濃度を一定に保つ機能が働き「塩分が濃すぎるから水分で薄めよう!」と血液に水分が一気に流れ込んでしまうんです。

その水分と塩分はやがて足や全身に溜まり、むくみになってしまいます。つまり水分と塩分はセットでむくみを作り出すんですね。

塩分むくみの原因

  • 味付けの濃い食事が多い
  • 野菜をあまり食べない

塩分むくみの解消方法

あまり濃い塩味のものを食べ過ぎないこと、食生活に気をつけること、それがむくみ解消の近道になります。

病気が原因のむくみのチェック方法

病気が原因のむくみのチェック方法

血行を良くしても、塩分を控えても、どうしてもむくみが取れない!というひとは病気が隠れている危険があります。
もしくは今治療中の病気のあるひとは、その病気が原因でむくんでいる可能性があります。

足のむくみがひどい場合、足のスネを指で10秒ほど押す「むくみテスト」をしてみましょう。むくんでいるひとは跡がつくはずです。

むくみテストの方法

  1. 足のスネを10秒ほど手で押します。
  2. 手を離してどのくらい跡がついたかチェックします。

むくみテストの反応と可能性のある病気

  • 指の跡が40秒たたずに消える:
    低タンパク血症の可能性
  • 指の跡が戻らない:
    甲状腺の病気の可能性
  • 明らかに足がむくんでいるのに跡がつかない:
    慢性的なリンパ浮腫の可能性

こんな反応があったらちょっと注意です。むくみは体が発する不調のサイン、思わぬ病気を知らせてくれているのかも知れません。

病気とむくみについてはこちらで詳しく触れていますので参考にしてください。

 

足のむくみ解消法

足のむくみ解消法のイメージ

「私のむくみの原因ってこれかな・・・?」と見当がついてきたところで、自分にベストな対策を探してみましょう。

むくみ解消サプリメントでまずはスッキリさせる

むくみ解消サプリメントでまずはスッキリさせるイメージ

エクササイズやマッサージなど、むくみ解消にいい対策はたくさんありますが、足に水分が溜まりむくんだままだと辛さが邪魔して気持ちも折れやすくなってしまいます

むくみがつらい、なんとか解消したいと思ったら、まずはむくみ解消サプリメントを飲んでみることをオススメします。

むくみ解消サプリメントが効く理由

むくみ解消サプリメントには尿をたくさん出す利尿効果があるカリウムが豊富に含まれていて、余分な水分や塩分の排出を手助けしてくれるんです。

まずサプリメントで余分なものを出してから対策したほうが、よりむくみ解消に能率が良いんですね。

カリウムの効果についてはこちらで詳しく触れていますので参考にしてください。

体を動かしてむくみ解消!運動・エクササイズで対策

体を動かしてむくみ解消!運動・エクササイズで対策のイメージ

血行を良くしたり、自分で血を巡らせるための筋肉を作るエクササイズはむくみの根本解決を目指す方法です。

「よっし!血を巡らせるぞ!鍛えるぞ!」という気持ちでどんどん運動、ふくらはぎの筋肉も育てましょう。

ふくらはぎをトレーニングすることで、足の形を美しくスリムアップできるメリットも忘れてはいけませんね。

足を高い位置に上げて血液を動かす

エクササイズをする元気が無い…足のむくみがつらい日は、寝るとき足を高くするのもむくみ取りに有効ですよ。

オフィスの机の下で、つま先やかかとを上げ下げしたりする

鍛えるまでいかなくても、溜まってしまった血液を流す運動をこまめにするだけでも夕方の足むくみが違ってきます。

段差に爪先立ちして全身とかかとを上げ下げする

ふくらはぎは激しい運動や特別な器具がなくても鍛えることができますよ。

むくみ解消でほっそり、トレーニングやエクササイズでさらにスリムに、美脚を目指すならこれをきっかけに鍛えてみてはどうでしょうか?

エクササイズについてはこちらで詳しく触れていますので参考にしてください。

血行を促すマッサージやツボ押し、アイテムでむくみ解消

血行を促すマッサージやツボ押し、アイテムでむくみ解消のイメージ

血液・リンパのめぐりを良くするツボを刺激・マッサージすることでむくみがスッキリしてきます。

リンパ管は全身あちこちに張り巡らされ、体の余分な水分を受け止めて流す役目があります。

そのリンパ管の合流地点であるリンパ節というものが体にはあり、ここをほぐすことでリンパのめぐりが良くなるとされているんです。

むくみ解消マッサージをする

太ももの付け根膝の裏など、リンパ節をほぐしながら足の先から付け根までさするようにマッサージしてあげると、リンパを含む血行が良くなりむくみ解消に効果大です。

むくみ解消のツボを押す

足の内側のくるぶしから指4本上は三陰交(さんいんこう)といって、下半身の血行を司るツボです。

冷え性や生理痛にもいいと言われているんですよ。こまめに刺激してあげると、夕方のむくみ具合いも違ってくるはずです。

むくみ解消アイテムを身につけてリンパやツボを刺激

リンパマッサージに似た効果が得られる、着圧ストッキングやソックスを履くのも効果的ですね。血行を促すよう、場所によって圧を変えて編まれている優れものです。

むくみ対策のためのリンパマッサージとツボ押しはこちらで詳しく触れていますので参考にしてください。

着圧ストッキングやソックスについてはこちらで詳しく触れていますので参考にしてください。

東洋医学のちからでむくみ対策!冷え取りと漢方

東洋医学のちからでむくみ対策!冷え取りと漢方のイメージ

血行が悪くなることで起こる不調冷え性とむくみがあります。東洋医学で冷え性が起きている状態とは体が弱り、エネルギー不足になっている時とされています。

そこで体を温めて体の機能を補い、元気に導く方法が温補(おんぽ)という考え方です。

お風呂や生薬など、あらゆる方法で温め体を元気な状態に持っていきます。最近では温活なんて言葉も生まれましたね。

体を温め冷え性を改善する方法は?

  • 足湯や半身浴:体力の消耗が少なく、体をしっかり温めてくれて良いとされています。
  • 生薬や漢方薬を飲む:むくみ・冷え性対策の生薬や漢方薬を飲んでみるのもむくみやすい体質を改善するために有効と言われています。
  • 温かい服装をする:外から見てもわからないくらい薄いのに、おしゃれで暖かい肌着も売られているので、ぜひ取り入れたいですね。

温補についてはで詳しく触れていますので参考にしてください。

塩分を控えてむくみ解消

塩分を控えてむくみ解消のイメージ

むくみの根本原因にアタックする方法が「塩分を控える」ことです。いくらむくみ解消に効果的な対策をしても、塩分をとりすぎると結局はむくんでしまいます。

塩分は摂取しても尿や汗になってどんどん出るのでは?

意外に塩分は体にしぶとく残る性質を持っているのをご存知でしょうか?

体の老廃物や水分を尿にしている腎臓ですが、もちろん余分な塩分(ナトリウム分)も運ばれてきます。

そこですぐに塩分を排出できればいいのですが、なんと腎臓では「もったいないよね!」と塩分を再吸収してしまう性質を持っているのです。

塩分を摂りすぎる場合は?

カリウムはこの再吸収をブロックする性質があるので、どうしてもお酒のつきあいで塩辛いおつまみなどを食べる人は、カリウム豊富なむくみ解消サプリメントを飲むことがオススメです。

しかし、サプリメントも万能ではありません。まずは塩分を控えることが大切です。

おいしくて塩分を控えたご飯を考えたいですね。

塩分を控えるコツ

  • カリウム(むくみ解消サプリメントなど)を摂取する
  • 塩辛いものを意識して控える
  • 醤油やソースを掛けすぎない、薄味に慣れる
  • 調味料を減塩のものに切り替える
  • 酢や出汁などで味付けして塩分を少なく済ませる

骨盤の歪みや生活習慣を改めるむくみ対策

骨盤の歪みや生活習慣を改めるむくみ対策のイメージ

「体が弱ってるよ!調子が悪いよ!」という体のメッセージがむくみという形で出る場合があります。

  • ストレスや睡眠不足:ホルモンバランスが崩れるとむくみやすくなります。
  • 骨盤の歪み:内臓の機能が低下し水分の排出がスムーズにいかずむくむ場合もあります。

とにかくしっかり休むこと、コリや歪みなど体のケアをじっくりして自分をいたわることはむくみ解消にとても大切なんです。働きすぎ、ストレス、寝る暇がない、夜にはヘトヘト・・・あまりに毎日が辛い場合、生活を見直すことも大切ですね。

つらい足のむくみ、思いあたる原因は見つかりましたか?

対策もいろいろあって迷ってしまいますが、まずはサプリメントでむくみを楽にして塩分は控え、温めたり血行を良くしながらゆっくり休むことから始めてみましょう。

より積極的に「むくまない体質」を目指したいひとは、ふくらはぎを鍛えるエクササイズや、生薬・漢方薬を取り入れるパワーアッププランを考えるといいですね。

こちらの記事もよく読まれています
むくみサプリ最新ランキング
1位

安心成分とコスパで人気No.1

するるのおめぐ実
2位

むくみ解消×美白効果で人気

メグリスリコピンプラス
3位

医師監修の厳選素材でむくみ解消

Dr'sタイツー
4位

むくみ解消とダイエットを実現

きゅきゅっと小町
5位

妊娠中も飲める安心成分が嬉しい

こころからだあんしん葉酸

お問い合わせ



PAGE TOP